太陽がデリシャス

教育関係の仕事をするサラリーマンのズボラ情報ブログです。嫁に内緒でブログ書いてます。 月間3万PV達成するまで内緒です。

トイプードル、ビーチで砂を食べて死にかける。その後、医者にボラれた話

スポンサーリンク

僕の愛犬は現在6歳のトイプードル(♂)。

名前はドラゴン

 

彼を飼うことになったきっかけは、6年前。

当時同棲していた彼女の影響。

特に犬に興味のなかった僕も、彼女が犬が欲しいって言うもんだから、

まあ毛も抜けない犬種ならいいか。かわいいし。という軽い気持ちで飼うことになりました。

 

1年後、そんな彼女とは結局別れることになるわけですが、

その頃には、僕はドラゴンを家族だと思っていたので、長い話し合いの末、家主である僕がそのまま住み続けて引き取ることになりました。

 

ドラゴン、砂を食す

先日、ドラゴンと妻と3人で砂浜へ潮干狩りに出かけました。

僕らが潮干狩りを楽しんでいる間、砂浜でじっと待ってられるような男ではないので、

僕が抱っこ紐でおぶっておりました。普段はこの抱っこ紐で自転車に乗ったりしているとすぐに寝てしまうくらいリラックスするのですが、この日はそうはいきませんでした。

なんといっても人がとてもたくさんいましたし、周りで子供も楽しそうに走り回ってましたから、自分も一緒に遊びたくて仕方なかったようです。

 

とてもソワソワし出した為、僕は潮干狩りを諦めて岸に戻って浜辺をプラプラ散歩、妻は一心不乱に貝を漁っておりました。

潮干狩りを終えて、帰る頃、口の周りに砂がついていることに気付きました。

まさか食べたか?と思いましたが、水道で口を洗い帰路につきました。

 

家に帰るとドラゴン君、何やら調子が悪い様子。

歩くスピードがやたら遅い。というかほぼ動かない。ご飯も食べない。

よほど疲れていたのかとも思いましたが、どうやらそういう問題ではなさそう。

出かける前はとても元気だったことを考えると、さては砂かゴミを食べたな。

 

次の日の早朝、案の定、砂を吐きました。

相変わらずご飯には手を付けず、それどころか水も一滴も飲みません。排泄もしません。

 

f:id:buildingdragons:20180510144440j:plain

 

 

あードラゴン。砂食べてるの気付かなくてゴメンね。ほんとゴメン。どんぐらい食べたの?

 

とても心配だったんですが、僕は仕事だった為、妻が近くの動物病院へ連れて行きました。

病院の処置は、吐き気止めと胃薬、点滴となぜかフィラリアとかダニと血液の検査をして3万5千円お支払い。

全て異常なし笑 様子を見ましょうとのこと・・・

 

「で、なんでレントゲン撮らないの?」

ほぼ間違いなく異物を食べたことが原因なのに普通最初にレントゲン撮るでしょ。

というかなんで今フィラリアとかダニの検査するわけ?

 

妻を責めても仕方ありません。

先生がそう言うんだから従いますよね。で、明日また来てくださいだって笑・・・

 

その後も症状は変わらず、次の日も死にそうにしてたので僕が同じ病院へ連れて行きました。

もちろん、開口一番レントゲン撮ってくださいとお願いしました。

すると、レントゲン写真を見た先生は「あ、砂が溜まっていますね。」

だから砂吐いたって最初から言ってんじゃん笑

 

先生「胃は空っぽだし、腸閉塞の心配はないからもう大丈夫でしょう。多分ウンチで出ますよ。一応点滴の注射しときますね。それと錠剤の吐き気止め出しときます。」

いや、もういいよ吐き気止めは。胃が空っぽなんでしょ?

もろもろ込みで1万5千円お支払い・・・

 

原因突き止めるのに5万円も払ってんじゃん。

 

家に帰った瞬間、食べた砂は全部排出され、一瞬で元気な姿を取り戻しました。

結果的には無事で何よりでした。

ただ、あの病院にはもう二度と行かない。

スポンサーリンク