太陽がデリシャス

教育関係の仕事をするサラリーマンのズボラ情報ブログです。嫁に内緒でブログ書いてます。 月間3万PV達成するまで内緒です。

超初心者ブログ開設から80日、ついにAmazonアソシエイト合格!!落ちまくった僕の経験をまとめます。2018年7月版

スポンサーリンク

f:id:buildingdragons:20180712191016j:plain

超初心者の僕もブログを始めてそろそろ3ヶ月が経とうとしています。

PV数は一向に伸びないですが、記事は確実に増えておりブログの微々たる成長を感じております。

そんな弱小ブログにも、Amazonアソシエイトから承認の通知をやっといただくことができました。いやー結構落ちました笑

忘れない内に合格までの備忘録としてメモしておきたいと思います。

 

合格までの道のり

ブログを開設して45日で、そこまで大きな混乱もなくGoogle AdSenseに合格したこともあって、自信満々でAmazonアソシエイトに申請したのが今から30日ほど前。

 

速攻で不承認通知がきました。

f:id:buildingdragons:20180712142108j:plain

申請してから1時間足らず。

本当に審査してるの??ってくらい。

こっちは天下のGoogleAdSense通ってるんだから、きっと何かの間違いだろうと思って何も変更せずにもう一度申請するも不承認・・・

はて?もしかしてAdSenseより厳しいのか?

 

これは何が原因で弾かれてるのかを調べないことには前に進ません。

 

Amazonがプログラム参加を断る例

①.  Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合 
② お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営すWebサイトやURLでのお申し込みの場合 
③ Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合 
④. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合 
⑤ Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合 
*SNSでこれらを含むユーザー名を名乗ることもお断りしております 
⑥. 知的財産権を侵害している場合 
⑦. 露骨な性描写がある場合 
⑧. 未成年の方のお申し込み

 

基本的にはGoogleが定めているプライバシーポリシーとほぼ同じ内容。

引っかかってる項目があるかを考えましたが、思い当たる節はなし。

あるとすればブログ開設45日という日数と記事数が23というのがコンテンツ不足と判断され①のwebサイトが未完成と判断されたのでしょうか。

でもブログ開設1週間、わずか5記事で合格したっていうブログも見たので、コンテンツ不足とは違う、何か別の根本的な原因があるのだろうと感じていました。

というのもあまりにも不合格の返信が早すぎて、僕のサイトが審査されてるのか不安に・・・

 

 そこでGoogle Analyticsを使って閲覧ユーザーを探ると、確かにAmazonの名前がある。一応見に来ている。でも毎回1秒で離脱している笑

なにか機械的に弾かれる原因があるのでしょうか・・・

 

徹底的に言葉遣いを気をつける

機械的に弾いているとしたら禁止ワードや禁止コンテンツか?

ブログの文章の中で言い回しが暴力的と捉えかねない内容や、特定を誹謗中傷しているに言われかねない文章は全て言い換える、または削除して再度申請!!

結果→不承認

どうやら原因はこれでもないようでした。

もうこの時点で4、5回程落ちていて心も折れかけておりました。

ほんとに通るのこれ??通る気がしないんだけど・・・

 

サイトの紹介文

次にとった策は、申請時に記入する「Webサイトの内容、および紹介したい商品について、簡単にご説明ください(256文字以内)」

これをかなり適当に書いていることに気付いて、かなり真面目に書き直しました。

そして、再度申請!!

結果→不承認

 もう諦めよう・・・

 

そして合格へ・・・

サイトの紹介文を修正しても落ちた時、僕の心は完全に折れました。

それから20日ほどアソシエイト申請関連は放置して忘れることにしました。

その間に更新した記事はわずか3つ。

そして先日、久しぶりにアソシエイトのことを思い出したのでダメ元で再度申請!!

結果→承認!!やった!!

f:id:buildingdragons:20180712190828j:plain

 

え? でもなんで?

この期間にやったことは、記事を3つ書いた以外全く何もしていません。

結果を照らし合わせるとおそらく①のサイトが未完成が原因だったようです。

 

巷で落ちると噂されるポイントは嘘

Amaoznアソシエイトの審査についての記事を見ていると、5つの気になる不合格ポイント(あくまでも噂)をよく目にしました。

  1. 申請アカウントが、Amazonでの買い物履歴がない
  2. アソシエイト申請アドレスがフリーメール
  3. Amazonプライムに加入してない
  4. クレジットカードを登録してない
  5. 審査中にアドセンス広告を掲載している

 Amazonの購入履歴は1年以上前ですが一応あります。でもそれ以外は全て満たしてません。

 少なくともフリーメールでもプライム加入なしでもクレジットカード未登録でもアドセンス貼ってても審査は絶対に通ります。

 

 合格時のブログステータス

最初に申請したのが6月15日だったので、合格までにそこから約1ヶ月の期間を要したことになります。

Amazonアソシエイトに合格したときの僕のブログのステータスを参考までに紹介します。

  •  ブログ日数・・・80日
  • サイトジャンル・・・雑記ブログ
  • 記事投稿数・・・26
  • 合計アクセス数・・・13,950PV
  • 1記事の平均文字数・・・約1,500文字
  • 画像/写真・・・ほぼ全記事に使用(自分で撮ったものか、著作権フリーのpixabayからダウンロードしたもの)
  • Googleアナリティクスの導入・・・あり
  • Googleサーチコンソールの導入・・・あり(ただしうまく連動せず)
  • プライベートポリシー・・・あり
  • 問い合わせフォーム・・・あり
  • 他ASP・・・なし
  • GoogleAdSense・・・あり
  • 登録メールアドレス・・・Gmailアドレス
  • Amazonアカウント・・・数年に1度買い物する程度
  • Amazonプライム・・・無料期間が終わって解約済

 

まとめ

 Google AdSenseとAmazonアソシエイト、どちらが難しいかと言われると、僕個人的にはAmazonアソシエイトだと感じました。

僕のサイトの場合だと、合格するには26記事必要でした。これはテーマがバラバラな雑記ブログだからかもしれません。

結局のところ、基準はAmazon以外誰にも分からないので、なかなか通らないと悩んでいる人もあまり焦らず、気長にコンテンツを充実させることを意識してください。

僕のようにある日突然合格できるはず。

ちなみに僕は合格したものの、Amazonアソシエイトの使い方についてはまだ理解していません笑

スポンサーリンク