太陽がデリシャス

教育関係の仕事をするサラリーマンのズボラ情報ブログです。嫁に内緒でブログ書いてます。 月間3万PV達成するまで内緒です。

激辛好き必見!!中国人に教えてもらった激ウマ激辛本格四川料理店を紹介!!『芙蓉苑』(大阪/ミナミ)

スポンサーリンク

f:id:buildingdragons:20180822112956j:plain

僕の会社には中国人が何人かいます。

皆とても勤勉で働き者でおもしろい。

日本に10年住んでるのに日本語が超下手な人もいて、とても和む。

僕の周りにいる中国人は敬語は使えないけど、良い人達です。

 

ねーキンさん、本格的な激辛中華食べたいんだけど、近くにある?

近くないけど、ミナミにあるヨー

ミナミか、遠いな・・・でも教えて教えて

明日行くかー?

えっ、明日?ぉ、ぉぅ、ぉおお行くか!!

おけ、予約するヨー

 

芙蓉苑(大阪/ミナミ)

 f:id:buildingdragons:20180822184055j:plain

大阪で本格的な四川料理が食べられるお店がないから、作ったという噂のお店。

正真正銘「本物の四川料理」の美味しさをコンセプトにしているだけあって、

厨房では本場四川の一流料理人6人が腕を振るいます。

 

到着したのは8:00pm頃、平日でもかなりお客さんは多く、そのほとんどが中国人でした。

日本に住む中国人の間ではかなり有名店なんだとか。

2015年オープンていうことで結構新しく店内も綺麗です。

芸能人のサインも多く飾ってあったので、有名なお店なんですね。僕が知らないだけで。

結局この日は色んな人誘って、辛いの大好きっ子7人(内4人が中国人)で行ったので結構色々食べられました。

 

食べたもの

  • 胡瓜のたたきにんにく風味
  • 干し湯葉の中華風サラダ
  • よだれ鶏
  • 牛タンとホルモンの四川風煮込み
  • 麻婆豆腐
  • 焼き魚の麻辣鍋

 

 よだれ鶏

f:id:buildingdragons:20180822184403j:plain

味噌タレが効いててめっちゃウマイ!!

辛いけどかなり上品な味。

今まで食べた蒸し鶏料理の中では、第一位です。

 

 牛タンとホルモンの四川風煮込み

f:id:buildingdragons:20180822185546j:plain

牛タンの他に、牛のレバー、ホルモン等が入ってます。

辛いんだけど、その中に肉の甘みがあって、パクチーとの愛称も抜群でした。

ビールが進みます。

 

ど定番の麻婆豆腐

f:id:buildingdragons:20180822102541p:plain

引用元は公式のinstagram(https://www.instagram.com/fuyoen/)

写真はランチのセットです。

ランチはセットで880円と安い!!

 

今回は、夜なので注文したのは麻婆豆腐をアラカルトで。

辛さは3段階で選べます。

もちろん一番辛いのを注文。

 

カッーからかかあららかあららあああ!!う、うまーー!!

 

辛いけど旨い。辛さの後に旨さが来ます。

ご飯が進む。

口の周りを剃刀負けしたみたいな痺れ。

意外と辣が強く、麻が強すぎるのはちょっと苦手だった僕には調度よかったです。

ランチだとこのセットで十分ですね。

 

焼き魚の辣鍋

f:id:buildingdragons:20180823163313j:plain

 

元々は湖南省の料理で、淡水魚を使った料理なんだとか。

流石に現地から淡水魚を運んでこれないので、身が淡白な鯛やスズキを使って料理するのだそう。(キンさん曰く)

皮もパリパリで身もほくほく、辛いスープが染みててとってもウマイ!!

鍋には単品を追加することもでき、白菜と春雨、豆腐の皮を追加で注文しました。

唐辛子がこれでもんかってくらい乗っていますが、辛すぎることはありません。

 

特性火鍋

f:id:buildingdragons:20180822103446p:plain

引用元は公式のinstagram(https://www.instagram.com/fuyoen/)

お腹一杯で食べれませんでしたが、次回は是非これを楽しみたいと思います。

 

「芙蓉苑」 食材へのこだわり

「汉源花椒」(かんげんほあじゃお)の

四川料理の代表とも言われる「麻」の味は山椒の役目。さわやかな香りと痺れるような辛味を持つ香辛料。「花椒」の中でも中国で最も有名な「汉源花椒」を使用することで、独特の「麻」を引き出している。

 

「鵑城郫縣豆瓣醬」(じゃんちゃんぴーしぇんとうばんじゃん)の

四川省成都市内の「郫県」で作られる希少価値の高い「鵑城郫縣豆瓣醬」。日本で市販されている豆板醤には使用しない、「ソラマメ」を用い発酵させ、辛味は四川特有の辛さを持つ「二荊条辣椒」のみを厳選して混ぜ合わせる。それを3年以上寝かせた熟成度の高い高級品として知られる。あの陳健一も使うんだとか。

 

アクセス

〒542-0082:大阪府大阪市中央区島之内1-18-8 1F

★大阪市市営地下鉄・長堀橋駅3番出口すぐ★

心斎橋駅から地下道を歩いて10分程で行けますし、鶴見緑地駅からは徒歩1分と良アクセスです。どちらも雨にも濡れず、暑い日も地下道通れて涼しい!!

 

営業時間

平日ランチ  11:00~15:00(L.O14:30)

平日ディナー 17:00~24:00(L.O23:30)

土日祝    11:00~24:00(L.O23:30)アラカルトのみ

不定休

 

電話番号

06-6484-6692

 

 料金設定

みんなお酒飲んで、7人のお会計は35,000円弱。

1人当たり5,000円あればお酒を飲んでもお釣りがきます。

 激安ではありませんが、高くはないので気軽に利用できるレベルです。

 

とにかく色んな料理を楽しむには、出来るだけ大人数で行くことをおススメします。

また、ハーフサイズも注文できるので、活用できそうです。

 

最後に

そして、注文する際は必ず店員に辛さを確認してください。

あまり舐めてかかると「辛すぎて食べれない」なんてことにもなりかねません。

僕らと同行した中国人でさえ、一番辛い麻婆豆腐は辛すぎて食べれないヨ~と言っていました。

辛さは調整可能です。遠慮せずに聞きましょう。

 

また、当然ながら、次の日は尻が爆発したように痛いです。

でも、不思議と体は辛さを欲していることでしょう。

中毒性のある本格四川料理、一度お試しください。

 

 

自分で四川麻婆豆腐を作りたい方はこちらをどうぞ

www.building-dragons.com

 

スポンサーリンク