太陽がデリシャス

幸せとは、あったかい子犬のようなもんだ。

AmazonプライムとHuluで見た映画を、一気に批評/2018年12月編

スポンサーリンク

Amazon&Hulu映画批評

一気に映画批評シリーズ第4弾!!今月もやります!

 

年に100本以上映画をみるへヴィーな映画ファンである僕が、新着配信を中心に11月、12月にかけて視聴した映画をネタバレしないように紹介します。

AmazonプライムHuluに加入はしているものの、何を見ればいいか分からない。大失敗はしたくない。

そんな優柔不断の方は必見です。

★の数は、あくまで独断と偏見による5段階のおすすめ度なので参考程度にどうぞ!!

 

 

Amazonプライムで見た映画(おすすめ順)

アバウト・タイム ★★★★★

2014年:アメリカ

f:id:buildingdragons:20181225154056j:plain

タイムトラベルができる男のSF恋愛映画です。

恋愛映画見る男なんてキモイと思われるでしょう。しかし僕は全力でこの映画をおすすめします。

タイムトラベルという最大のテーマも、途中からどうでもよくなっちゃうほどに物語に没頭します。

とにかく真っ直ぐに生きる主人公に心奪われ、ヒロインのメアリーも超タイプだし文句なし!!

これぞ優しい映画ですよ!!そりゃ大ヒットするわ!!

あーもう一回見よう。

 

 

葛城事件 ★★★★☆

2016年:日本

f:id:buildingdragons:20181225154053j:plain

理想的な暮らしをしているある一家が、徐々に崩壊へ向かう様子を描いた映画。

全ての原因は、どこでも怒鳴り散らす、人の話を聞くことのできない、社会性のない父親。

抑圧的な父親の支配に怯え、家族は家にいても心が休まることはありません。

最終的に、次男は事件を起こしますが、父親は自分に原因があることに当然気付きません。

 

いやー、こういう父親って多分本当にいますよね。頑固親父の度を超えた支配的に教育する父親って昔は珍しくなかったのではないでしょうか。

それにしても絶妙に胸糞な部分を入れてきて、個人的にはとてもおもしろかったです。

死刑廃止活動家の女性には一切感情移入できませんが、実際に死刑囚と獄中結婚した実話に基づいた映画なら仕方ないですね。惜しい!!

 

 

RAW ★★★★☆

2018年:フランス

f:id:buildingdragons:20181225154124j:plain

カニバリズムに目覚める少女の映画。

映画としてはどういうジャンルに該当するか迷います。ホラーではありませんが、ドラマと言っていいのかどうか。はたまた青春映画か?

全編を通して退屈することなく、少女の変化と葛藤に釘付けになりました。

演出も美しく見ごたえ満載。

個人的にはとても気に入りました。

フランスの学生ってこんなに過激なんだね・・・

 

 

サードパーソン ★★★★☆

2013年:イギリス

f:id:buildingdragons:20181225154038j:plain

ザ・イギリス映画って感じがします。人物の描写が丁寧というか細やかというか。

このトリックには薄々気付いていましたが、それを上回るラストで驚きました。

主人公どんだけクソなんだよ。

伏線をきっちり回収しながら集中して見なければ、本質に気付けないかもしれません。

途中退屈する場面もありますがエンディングは★★★★★。

じっくりミステリーに浸るという気持ちのない人、または気分でない時はおススメできませんので注意!!

夜中にワイン片手に1人で見る映画です。

この映画については詳しく書いてます。

 

映画「サードパーソン」の伏線を慎重に回収して、ラストシーンを気持ちよく迎えよう(ネタバレ有) - 太陽がデリシャス

 

 

フライトゲーム ★★★★☆

2014年:アメリカ

f:id:buildingdragons:20181225154042j:plain

主演のリーアム・ニーソン、かなりおじいちゃんなのに、ハードなアクションは健在です。

飛行機内という密室を舞台に、ハイジャックを阻止するために奮闘する航空保安官を描いたミステリー要素の強いサスペンスアクション。

密室というシチュエーションを巧みに利用し、視聴者を飽きさせません。

最後まで犯人は分かりませんでした。

9.11を風化させないために制作されたのでしょうか。

サクッと良作が見たい時に最適な映画です。

 

 

哀しき獣 ★★★☆☆

2012年:韓国

f:id:buildingdragons:20181225154104j:plain

中国の朝鮮人自治区に住むタクシー運転手が、暗殺の仕事を請け負って韓国に向かうものの、予想だにしない罠や抗争に巻き込まれ逃げまくるサスペンスアクション映画。

とにかく主人公が謎に超人級に強くて、いつも間一髪で逃げ切ります。

アクションはハリウッドにも劣らない迫力で、見ていて圧巻の一言。

ただし、救いようがない程に物語が暗い。

また、ギャング同士の抗争が入ることでストーリーが複雑になりすぎて途中から付いていけなくなりました。

 

  

ノーエスケープ ★★☆☆☆

2015年:メキシコ・フランス合作

f:id:buildingdragons:20181225154050j:plain

なんとなく面白そうだったので、予備知識なく視聴。

なんと、ウォーキングデッドのニーガンが主役です。

それはさておき、物語はメキシコから国境を越えてアメリカに入国しようとする人々を次々に殺すアメリカ人の話。

ただ、追いかけて殺す。それだけの映画。

一体なんの為に殺しているのか最後まで分かりませんでした。

で、なにが言いたいんだこの映画は?

 

 

渇き ★☆☆☆☆

2014年・日本

f:id:buildingdragons:20181225154108j:plain

娘の行方や正体を探るミステリー要素の強い作品かと序盤は期待していました。

しかし内容はとても浅く、ひたすらに視聴者を置いてけぼりにする展開の連続です。

ジャンルで言うとスプラッターサイコパス青春Music Videoといったところでしょうか。

登場人物が全員イカれており、全く感情移入できない上、子供が喜びそうなアニメーションやカット割りが入って見ていられません。

主人公の小松さんも胸糞なキャラ。せめて天罰が下るエンディングなら少しは良かったかも。

中高生にはウケそうな雰囲気です。

 

 

今なら30日間無料トライアルを試せば無料で見放題!!

Amazonプライムビデオ公式はこちら

 

 

Huluで見た映画(おすすめ順)

プライベートライアン ★★★★★

1998年:アメリカ

f:id:buildingdragons:20181225154112j:plain

第二次世界大戦中のノルマンディー上陸作戦を描いた戦争映画の傑作。

控えめに言っても最高の映画です。もう何度見たことか・・・

物語のオープニングの上陸シーンだけでドっと疲れます。それだけリアルだということ。

戦場の悲惨さ・虚しさ・過酷さの全てが力強く表現されたヒューマンドラマです。

一体理不尽なこの任務はなんなのか?戦争とはなにか?

あなたはどう感じましたか?

 

 

猿の惑星:創世記 ★★★★★

2011年:アメリカ

f:id:buildingdragons:20181225154120j:plain

タイトルの通り、猿の惑星シリーズが始まる前、経緯を描いた作品。

あまり深く考えずに見ても展開も早く、映像も美しい良作です。

動物好きの僕としては、チンパンジーがとても可哀相で胸糞で、とても人間を応援する気にはなれません。

動物の仲間愛に泣けます。

動物達よ頑張れ!!人類を滅ぼせ!!

あなたもきっとそう思うはず!!

 

 

グラン・トリノ ★★★★☆

2008年:アメリカ

f:id:buildingdragons:20181225154115j:plain

家族とも疎遠で、人に心を許さず、自宅の芝生に一歩でも進入されればライフルを突きつけるほどの一人の老人(クリントイーストウッド)が、隣に住むアジア系の家族に心を開き、打ち解けていく様子を描いたヒューマンドラマ。

血は繋がらなくとも、自分の心を継承する「息子」との出会い。

彼が息子を守る為にとった行動とは?

ネタバレなので言いませんが、泣けます。

 

 

クラッシュ ★★★☆☆

2006年:イギリス

f:id:buildingdragons:20181225154117j:plain

交通事故をきっかけに、様々な人種、階層の人々が連鎖反応を起こすヒューマンドラマ。

様々人間達の群像劇がストーリーの大半を占めるのですが、根底にあるテーマは人種差別。差別を受けながらも懸命に働いて家族を守ろうとする錠前屋のダニエルにとても感情移入しました。とにかく透明マントが衝撃的!!

日本映画っぽいタッチで少し展開が遅く、退屈に感じる方も多いかもしれません。

ラストシーンはとても良かった。

夜中にワイン片手に1人で見る映画です。

 

 

ラ・ラ・ランド ★★★☆☆

2017年:アメリカ

f:id:buildingdragons:20181225154044j:plain

ミュージカル映画は少し苦手ですが、とても有名な映画なので挑戦してみました。

歌って踊るシーンは別に苦にならず見れましたが、ヒロインのエマ・ストーンの顔がとても独特で、というかあまり好きではなく、この映画のヒロインはエマ・ワトソンだと勝手に思っていたのも重なって、もはや嫌いに・・・

あれ?エマ・ワトソンいつ出るの?

って中盤まで思ってたくらいで笑

ストーリーとしては前半がマジで退屈で、何度か見るのをやめようと思いましたがラストシーンはすごく素敵だったので見る価値はあったと思います。

 

それにしてもミアの行動にもがっかり。(ネタバレになるので書きませんが)

 

まあそのおかげであの哀愁ただようセバスチャンの表情がラストシーンになったわけですが、ミア許せない!!

エマ・ストーン、どうも好きになれません。

 

 

スカイライン-征服- ★★★☆☆

2010年:アメリカ

f:id:buildingdragons:20181225154100j:plain

評判が悪いことだけ知っていたので気になっていましたが、なかなか見れずにいました。

そのせいもあってか、そこまで酷い映画ではなかったです。

キャスティングにお金を使わずCGに予算を費やしただけあって、かなり迫力のある映像に仕上がっています。

しかも、宇宙人と素手で戦っちゃうところも超斬新!!

突っ込みどころもありますが、終わり方も個人的には好きです。

 

 

今なら2週間無料トライアルで4万本の動画が見放題

Hulu公式サイトはこちら

 

最後に

いかがでしたか?

今回もあえて、実際に見た作品を一気に批評しました。

なお、ここでご紹介した作品は2018年(12月現在)は全て視聴可能ですが、今後配信が終了する可能性があるのでご注意ください。

配信が終了しても大抵また配信されますが・・・

気になる作品がある方は早めにチェックしてください。

 

 

11月編はこちら

AmazonプライムとHuluで見た映画を、一気に批評/2018年11月編 - 太陽がデリシャス

 

スポンサーリンク