太陽がデリシャス

教育関係の仕事をするサラリーマンのズボラ情報ブログです。嫁に内緒でブログ書いてます。 月間3万PV達成するまで内緒です。

鎖骨が折れたら、手術療法と自然療法どっちがいいの?

スポンサーリンク

f:id:buildingdragons:20180514151459j:plain

ラグビーのような激しいコンタクトスポーツをしても骨折とは無縁だったのに、街中でちょっと自転車で転んだだけで、簡単に折れてしまった僕の鎖骨。

 

あの日はそう、激しい雨の降る日曜の夜でした。

 

人生で初めての骨折

次の日仕事で朝が早いにも関わらず、飲みすぎてしまったことを後悔しつつ、自転車にまたがりました。

自宅までの距離は自転車で約5分。

雨が降っていたので、いつもの帰り道は通らずに、アーケードの下を走行して帰りました。ここなら雨には濡れません。

 

しかし肝心の、雨で路面が濡れていることを考慮せずに、通常のスピードで左折してしまったのです。酔っていたからでしょう笑

 

地面はスケートリンクのように滑る状態で、自転車の車輪は何の抵抗もなくツルンと滑り、僕は左肩から落ちました。

 

「あ”ぁぁぁーー!」

 

激痛が走りました。深夜だったので周りに人はいません。

しばらく、その場で座りこみ、痛みが収まるのを待ちました。

ふーーふーー。

1分後、なんとか起き上がり、そのまま自転車で帰宅しました。

体が濡れていたのでその日はすぐ風呂に入り、痛いなと思いながらも就寝。

 

次の日の朝・・・

左の肩が上がりません。

信じられない激痛。

むしろ昨日より今日の方が痛い。

着ていたTシャツから左腕が抜けず、着替えができないので、仕方なく右手にハサミを持ちTシャツを切断して左腕を抜きました。

 

am9:00

シャツだけをなんとか着用し、とりあえず出勤しなければ。

しかし、とても仕事できる状態ではないので、会社に事情を話して朝一で近くの病院へ。職場では脱臼だろう。と言われてました。

 

病院に到着すると、朝9だと言うのに待合室は人で溢れ返っているのです。

 

まずはレントゲンを撮るとのことで、

呼ばれるまでひたすら待ちます。

 

am11:00 

2時間待ってようやくレントゲンを撮ってもらいました。

どうも、レントゲン技師です。あーキレイに折れてますね。これは痛いでしょ?

 

え?待って待って、折れてるの?肩の脱臼じゃなくて?

 

骨折したのは初めてだったのでかなり動揺しました。

 

これからレントゲン写真を先生に見せて、診察なので、待合室で待っててね。

 

また待つんかい!!笑

 

pm12:00

受付してから3時間後、ようやく診察が始まりました。

 

どうも先生です。鎖骨が折れていますね。おそらく左肩から落ちた衝撃で一番細い鎖骨部分が折れたんでしょう。鎖骨は間接的に折れる場合の方が多いんですよ。

 

先生は、中にボルトを入れて固定する手術療法と、背筋を伸ばして整復した状態で鎖骨バンドと呼ばれるコルセットを装着し、骨がくっつくのを待つ自然療法があると説明してくれました。

 

え?手術?

 

ちょっと自転車でこけただけで手術?

先生のおススメは確実に治る手術療法でした。

 

折れた鎖骨がそのまま引っ付くなら自然療法で問題はない。でももし、靭帯も損傷していた場合、折れた骨が跳ね上がって肩を突き抜ける場合があるんだ。

 

もはやホラーですね笑

 

手術なら2、3日の入院で、後遺症を残さず治せるってことはよく分かった。

完治も早いのでアスリートは手術を選ぶようです。

 

体にメスを入れることに抵抗があった僕は、数日経過を見て、もし跳ねてきてるようなら手術をする。もし隙間が塞がる傾向が見えたら自然療法で治療することになりました。

 

その日の診察を終えて、仕事に戻ると、ものすごい発熱。

ひどい外傷や骨折をすると、吸収熱と呼ばれる熱が発生するそう。ダメージを元に戻そうとする際に起きる発熱一種なんだって。

熱を計ると39度近く上がっていたので、仕事はせず、次の日も休みを取ってすぐに家に帰してもらいました。

 

6日後・・・

再診察の日。

相変わらず肩は上がらない。

 

再びレントゲンを撮影。

が骨折した次の日、が6日後再診察の写真。

 

f:id:buildingdragons:20180514171515j:plain

 

 

先生、どど、どうですか?

 

すき間は明らかに小さくなっているね。これは靭帯は損傷していない証拠だよ。手術した方が完治は早いけど、これなら自然療法でも治ると思うよ。

 

 自然療法で治します!!

 

鎖骨バンドは、1ヶ月は付けてください。曲がって繋がる可能性もあるので極力動かさないように。1ヶ月経ったら最終レントゲン撮って、骨がくっついてたら治療は終了ね。リハビリは必要かもよ。

 

1ヶ月後・・・

徐々に肩も上がるようになり、私生活には全く影響ない程に回復。

うん、もう大丈夫だな。

と勝手に判断し、結局それから病院には行きませんでした。

 

休んでいた筋トレを再スタート。左の肩の筋肉だけびっくりするくらい落ちていました。

筋トレをし出してすぐに気付きます。

手を上に上げた状態で負荷がかかると激しく痛い。

肩を上げた状態では力が入らない。つまり壁を登るような動作が出来ない。

どうやら完治にはリハビリが必要みたいです。

 

f:id:buildingdragons:20181009174417j:plain

 

24ヶ月後(現在)・・・

可動域が狭くなっているのに気付いてからというもの、

同級生がやってる接骨院に、23ヶ月通い、今でも通っています。

原因は、1ヶ月間、鎖骨バンドで固定していたことによる、肩甲骨付近の筋肉の癒着。

ある程度稼動域は広がっているものの、まだ右と同じようには動きません。

 

接骨院の先生曰く、ここまでリハビリをしても元に戻らないのは、高齢者の骨折か、骨が曲がって繋がってしまったかのどちらかだそう。

 

曲がって繋がってしまった可能性もある...

 

僕は骨折して2が経ちますが、まだ完治とは言えず、リハビリを続けています。

 

若い人なら自然療法でリハビリを的確に行えば、すぐに完治するでしょう。

 

でも、30歳を超えてからの鎖骨骨折は、後遺症の残りにくい手術療法をおススメします!!

それと、ちゃんと完治するまで病院には通いましょう。

 

 

自然療法で治すなら、曲がらないように鎖骨バンドでしっかり固定

 

 

スポンサーリンク