太陽がデリシャス

教育関係の仕事をするサラリーマンのズボラ情報ブログです。嫁に内緒でブログ書いてます。 月間3万PV達成するまで内緒です。

死ぬまでに、絶対に聞いてほしい音楽の世界〔Kettelのドリーミーなエレクトロニカに酔いしれる〕

f:id:buildingdragons:20180719184633j:plain

音楽こそ人生だ!!

そんな風に思っている僕も、本気で感銘を受けた音楽との出会いというのは、そう多くはありません。

今回も、一生付き合えるドリーミーでノスタルジックな音楽についてご紹介したいと思います。

 

Kettel(ケッテルorケトル)

(呼称は基本的にケッテルですが、ケトルと表示されている場合もあります。)

1982年生まれ。オランダで活動するミュージシャン。

幼い頃からピアノを通してクラシックを学びながらも、電子音楽の魅力に惹かれて現在のスタイルを確立。

ドリーミーなメロディーに、優しいリズム。

彼が作り出す音楽は、どこか異世界を感じさせるファンタジー系のIDMで、聞きやすいので女性にも人気があるようです。

 

IDMってなに?
インテリジェント・ダンス・ミュージック(Intelligent dance music)は音楽ジャンルの1つで、英語標記の頭文字をとってIDMと呼称されています。
IDMはダンスミュージックでありながら、必ずしもダンスフロアで踊る為の曲ではなく、独特で幻想的なリズム、メロディーラインが特徴です。

ヒップホップや、ジャズ、クラシックなどの要素を取り入れるアーティストが多く存在しています。

 

 

エレクトロニカや電子音楽に興味のない人にも、自信を持っておススメできるKettelのアルバム達がこちらです。

注意: 試聴の際は、くれぐれもイヤホンやヘッドホン等、まともな環境でお聞きください。

 

 RE:Through Friendly Waters:2007年

2004年に自分の友人や仲間の為に限定で発売した「THROUGH FRIENDLY WATERS」

これが世界的に品薄になり、2007年にタイトルにREを加えて再販されたのがこのアルバムです。

 

このアルバムの代表作、いや、Kettelの象徴ともいえる曲がこちら。

"Pinch of Peer"

www.youtube.com

 曲の出だしから強烈なインパクトを放つ、美しいメロディー。

タイトルにPinchとついてるだけあって、美しながらも焦燥感に駆られます。

ファンタジーというのがお分かりいただけるのではないでしょうか?

でも、初見のインパクトが強い曲って意外と飽きも早い。そんな経験ないですか?

 

 

 Myam James Part2:2009年

発表された作品の中では新しい作品です。

ファンタジー感とノスタルジック感が一番強い作品。

 

 ”Sentiment"

www.youtube.com

 

 

MY Dogan :2006年

Kettelの作品の中では、比較的ダンサブルな1枚です。

美しいメロディーの中に繊細で綿密なリズムを入れてみました!という印象。

僕個人的には一番好きな作品です。

完全に余談ですが、僕は高校生の頃、当時付き合っていた彼女へバレンタインのお返しにこのアルバム(My Dogan)をプレゼントしました。

 

彼女のレビューは、「★★★★★星5」

どうやら気に入ってくれたようで、どこがどのように好きかを永遠と語ってくれました。

吹奏楽部でクラリネット一筋だった彼女にとって、ジャンルは違えどKettelのクラシカルな要素に共鳴したのかもしれません。

 

 もう10年以上前の話です。今ではお互い結婚しているし、もう直接的な関わりはありませんが、先日ふと彼女のLINEアカウントを開くと、

カバー写真がMy Doganのジャケットだったもんだから、もう嬉しくって笑

 

僕は女子高生だった彼女に大好きなKettelを初めて教えた一生忘れられない男になったわけです。

だからどうした?笑

 

 ”Afwezig"

www.youtube.com

 

 

 最後に

IDMというジャンルに区分けされるミュージシャンのほとんどは、ポップスと言われる音楽ジャンルにとても否定的です。ほぼ全員そうでしょう。

その為、IDMを高校生が聞き漁るのはちょっとハードルが高い。

しかしKettelの作品はとっても聞きやすく、かなりポップス寄り。それだけキャッチーです。

そんな中に、彼が影響を受けたIDMの巨匠達の手法がほどよく織り込まれています。

こんな理屈より百聞は一見にしかず。

どうやって音を見るんだ?とか屁理屈言わず、

騙されたと思って一度は聴いてみてください。

 

ほら?なんだか涙が出てきたでしょ?

スポンサーリンク