太陽がデリシャス

教育関係の仕事をするサラリーマンのズボラ情報ブログです。嫁に内緒でブログ書いてます。 月間3万PV達成するまで内緒です。

映画音楽家として孤高の天才『ジェームス・ニュートン・ハワード』の挿入歌が泣ける!!

映画を見ていてこの音楽誰の曲?なんて思ったことはありませんか?

映画音楽って映画の評価そのものを左右する重要な要素の1つですよね。

 

今回は、映画音楽家としてグラミー賞を受賞し、ありとあらゆる映画を担当する音楽家「ジェームス・ニュートン・ハワード」について紹介したいと思います。

 

James Newton Haword

1951年生まれ。アメリカ/ロサンゼルスに生まれハリウッドムービーの音楽制作で活躍するプロデューサー、キーボーディスト、指揮者。

音楽大学中退後、エルトン・ジョンのツアーに参加。

 

1985年から映画音楽に着手するようになり、奏者よりも作曲家としての才能が爆発。

2017年~、”3 Decades of Music for HollyWood”というハリウッド映画の為に30年制作し続けた楽曲を集めたコンサートツアーを、ヨーロッパ各地で実施しています。

 

f:id:buildingdragons:20180728141342j:plain

引用元(http://soundtrackfest.com/en/micro/tour-start-james-newton-howard-3-decades-of-music-for-hollywood/

 

主な作品

  • プリティーウーマン(1990)
  • 逃亡者(1993)
  • シックスセンス(1999)
  • サイン(2002)
  • ヴィレッジ(2004)
  • レディインザウォーター(2006)
  • アイアムレジェンド(2007)
  • ブラッドダイヤモンド(2008)クラシカルブリットアワード受賞
  • ダークナイト(2008)グラミー賞受賞(ハンス・ジマーと共作)
  • ハンガーゲームシリーズ(2012~2015)
  • マレフィセント(2014)
  • スノーホワイト(2016)
  • ファンタスティックビースト(2016)
  • レッドスパロー(2018)

 

上記で挙げたのは彼の作品のほんの一部です。書き出すとキリがないほど多作家なので、一度は彼の音楽を耳にされていることと思います。気付いてないだけで。

 

そんな彼の数多くの作品の中でも、僕が一番心奪われたのがこちらです。

 

レディ・イン・ザウォーター(2006)

映画自体は、M・ナイト・シャラマンが監督のファンタジーです。

この監督の作品は結構好きなのでほとんど見てますが、この作品はちょっと付いていけなかった。

この作品で最低監督賞の不名誉まで獲得していますし・・・。

 

もちろん僕が心奪われたのは、映画ではありません。

あくまでもサウンドトラックです。

 

内容、ストーリー的にはよく分からかったので触れませんが、音楽に救われています。シャラマン監督は、この素晴らしい音楽があれば、ストーリーが意味不明でもイケる!と思ったのでしょうか。

  

全曲美しいので1曲目の「プロローグ」から聴いて欲しいのですが、特にアルバム後半の「傷を癒して」からの怒涛の展開、メインテーマ、ボブディランの名曲『時代は変わる』の子どもの合唱verまで、全てが物語のように繋げる技術にもう拍手です。

ジェームス最高!!

僕がもしハリウッド映画を作ることがあったら、あなたに必ず依頼すると約束します。

 

www.youtube.com


映画やテレビ、ゲームの音楽好きの為のサイトがある。

SoundTrackFest   Main page – SoundTrackFest

日本ではあまり馴染みがありませんが、挿入歌を手がけるアーティスト達のコンサート情報やインタビュー等を掲載したまとめサイトです。(英語のみ)

日本人では、久石穣や坂本龍一のコンサートツアー情報なども掲載されています。

気になるアーティストがいたら調べてみてはいかがでしょうか?

あなたの好きなあの曲が、フィルハーモニー楽団の生演奏verで聞ける機会があるかもしれません。

 

スポンサーリンク