太陽がデリシャス

幸せとは、あったかい子犬のようなもんだ。

音楽オタクが、大人の夜ドライブを演出する「おすすめ曲」をまとめて紹介します。

スポンサーリンク

f:id:buildingdragons:20190120163832j:plain

 

暗い街によく映える街灯やヘッドライト。

昼とは違って雰囲気が180度変わる夜のドライブは、都会的で洗練された雰囲気がよく似合います。

車の少ない夜の高速道路は不思議とアクセルを踏み込みたくなりますよね?

そんな夜のドライブ中に聞く音楽は、しっぽりとした、どこか物悲しく、切なく、そして美しい音楽がベストマッチング!!

 

今回は、ただの音楽オタクの僕が、アンビエントやテクノはもちろん、ジャズやソウル、ファンク、ヒップホップ等あらゆるジャンルから、夜ドライブを演出するBGMの詰め合わせをご紹介したいと思います。

センスが問われるデートにも、自分に酔いしれる1人ドライブにもオススメです。

 

夜のドライブをドラマチックにする楽曲選

今回の楽曲選抜の基準は、

 

  • 音に尖りがない
  • メロウな雰囲気
  • 心地良い
  • 同乗者の受けがいい!

 

つまり、友達とわちゃわちゃ騒いだりテンションが上がるような選曲はしておりません。

更に、これまでの同乗者(女も男も)のリアクションも考慮して厳選しています。

また、紹介する順番は深夜度の高い楽曲から順に紹介します。下にいくに連れて朝度が増してきます。

 

前置きが長くなりましたが、どうぞ

 

 

The Cinematic Orchestra(シネマテック・オーケストラ)

イギリスのニュージャズ、電子音楽のバンド

 

Burn out

ジャジーな夜ドライブのスタートにぴったりな1曲

www.youtube.com

 

 

 

To Build a Home

The Cinematic Orchestraの代表作。1人でしっぽりしたい夜に・・・

www.youtube.com

 

 

 

 

この他にも数々の名曲は存在しますが、The Cinematic Orchestraという名前の通り、映画の1シーンを切り取ったような壮大な楽曲が中心です。

アルバムを通して聞いても夜のドライブにマッチすること間違いなし!!

 

 

Telefon Tel Aviv(テレフォン・テル・アヴィヴ)

アメリカのエレクトリックミュージシャン

 

Sound in a Dark Room

プチプチしたグリッチ音に、バターのような心地よいメロディーの楽曲です。

坂本龍一もリミックスしています。

www.youtube.com

 

 

 

Bubble and Spike

泣きメロに美しいボーカルが溶け込んだメロウな1曲。

助手席の女の子もメロメロ。

www.youtube.com

  

 

 

Telefon Tel Avivはまさに、夜ドライブの為に曲を作っているのではないか?と思わせるくらいどの曲もドライブにマッチします。

 

 

Damien Rice(ダミアン・ライス)

アイルランドのシンガーソングライター

 

The Blower’s Daughter

映画「クローサー」のオープニング曲に抜擢された名曲。

彼はライブが最高です。歌うますぎ!!

www.youtube.com

 

 

 

 

Wisp(ウィスプ)

アメリカのテクノミュージシャン

 

Rhubarb

鬼才Aphex Twinの楽曲のリミックス。美しいメロディーの中、疾走するドラムのリズムにアクセル踏み過ぎ注意です!!

正式リリースはされておりません。

www.youtube.com

 

 

Luke Vibert(ルーク・ヴァイバート)

イギリスのエレクトリックミュージシャン

 

I Love Acid

ミニマルなアシッドハウスですが、飽きが来ず、運転が楽しくなってきます。

www.youtube.com

 

 

 

 

Radiohead(レディオヘッド)

イギリスのモンスターバンド

 

Everything in Its Right Place

ベタベタですが、哀愁感の溢れるダークな名曲。

映画「バニラ・スカイ」のオープニングで多分使用されていました。(記憶曖昧)

www.youtube.com

 

 

 

 

Kettel(ケッテルorケトル)

オランダのエレクトリックミュージシャン

 

Pinch of peer

美しいながらも焦燥感に駆られるファンタジーな一曲。

www.youtube.com

 

 

 

 

Underworld(アンダーワールド)

イギリスのテクノユニット

 

Rez

もはや説明不要!!

www.youtube.com

 

 

 

 

Prefuse73(プレフューズ73)

アメリカのヒップホップ、エレクトニックミュージシャン

 

Storm Returns

キャッチーなメロディーがドライブにマッチするインストヒップホップ。

www.youtube.com

 

 

 

 

Ben Folds(ベン・フォールズ)

アメリカのロックミュージシャン、ピアニスト

 

The Luckiest

ベタなメロディーですが、「僕は世界で一番幸せなんだ」と歌った心暖まる1曲

映画「アバウトタイム」にも使用されています。

www.youtube.com

 

 

 

 

レイ・ハラカミ

日本のテクノミュージシャン

2011年、脳出血の為死去(故40歳)

 

Lust

レイハラカミここにあり!!

www.youtube.com

 

 

 

 

Sigur Rós(シガー・ロス)

アイスランドのポストロックバンド

 

Hoppipolla

恐らく一番有名な曲。

夜というよりは、シラミがかった明け方の1曲でしょうか

www.youtube.com

 

 

 

 

Chick Corea(チック・コリア)

アメリカのジャズピアニスト

 

Waltse For Abbey

小気味よいピアノの音色とバンジョーが織り成す名曲!

www.youtube.com

 

ituneでもamazonでも探せませんでした。

 

 

Van Morrison(ヴァン・モリソン)

イギリスのシンガーソングライター

1993年に、ロックの殿堂入りを果たす英雄

 

Crazy Love

死ぬほど色んな人がカバーした名曲中の名曲。

ドライブの締めはこれで決まり。ソウルフルで甘い歌声に癒されます。

www.youtube.com

 

 

 

 

最後に

いかがでしたか?

気になった楽曲はあったでしょうか?

今回紹介した楽曲は、もちろん僕の大切なドライブのお供です。

その中でもキャッチーで聞きやすい曲をご紹介したつもりですが、POPS寄りの曲は少なかったかもしれません。

 

これからも、シチュエーションに合わせてシーンを演出する楽曲をご紹介したいと思います。

あなたの夜のドライブが、少しでもドラマチックになることを願って・・・

 

次回は、朝のドライブバージョンもご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク